「一律救済」を決断=可及的速やか(どんな意味?)

  • 2007/12/23(日) 18:42:37

福田首相「一律救済」を決断=議員立法で対応−今国会成立目指す・薬害肝炎

今頃「政治決断」をするのなら「内閣支持率」が急落する前にする事ではないでしょうか。
あまりの「のんき」な父さん…いや、爺さんブリに呆れます。

争点は唯一、政府・厚労省が過失を全面的に認め、線引き無しで全員救済をするか、しないかのみです
知らなかった事・判らなかった事は責任を負わないとするなら「責任」の定義を国会で変更決議してから言うことだ。

で、この「ご決断の」を記者団にお話の際に「可及的速やかに」と言う表現を使ったがこれは、正しく「官庁用語」。
つまり=出来るだけ早くやるようにする=となる。期限を付けずに色々と難しい事が有るかも知れないけど上手にやるようにします、そんな意味でもある。
凡人である私の解釈では、「お上が上手くやるからいつ何時までと言わずに任せとけ」となる。
ことほどKYな御仁には、お早くお暇(いとま)を頂きたいものです。





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/02/27(土) 10:22:23

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/03/09(火) 20:54:15

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/03/24(水) 19:13:49

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/04/13(火) 03:04:31

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/05/03(月) 01:53:26

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/06/20(日) 04:32:57

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する